2006年07月09日

3位決定戦「最高の演出家であるために」 

ポルトガル 1−3 ドイツ
シュツットガルト(ゴットリーブ)

今日の主審は上川さん!日本代表は早々にドイツを去ってしまったけど、審判の代表はこの3位決定戦という大事な舞台で笛を吹くこととなった。

彼は常に口にする言葉がある。
「選手がいいパフォーマンスができるように」
と。

開催国のドイツと40年ぶりの3位を狙うポルトガル。
今日はドイツの守護神カーンが久々に代表のピッチに降り立った。
ポルトガルボールでキックオフ。

全半はポルトガルペースですすむ。
ただゴール前まで運べない。逆にドイツはカウンターを狙うもこれも決定打が望めない。数々のFKのチャンスも活かすことなく0−0で折り返す。

後半もやはりポルトガル。
しかし先制点はなんとドイツ!
左サイドから中央にドリブルで切れ込んだシュバインシュタイガーがミドルシュートを放つ。キーパーの逆を突いて右のネットを揺らす。0−1!
興奮冷めやらぬドイツサポの目の前で、ポドルスキにフェレイラがスライディングタックルをしてしまい、ペナルティエリア左角付近からのFKを与えてしまう。
シュバインシュタイガーがゴール前に入れたボールは、ペティートが伸ばした足に当たり、そのままゴール右へとオウンゴール。
0−2!
右サイドのCロナウドがエリア内に走り込んだデコにパスを出す。デコがシュートをうつが、カーンが好セーブ。

右サイドを抜け出したクローゼに代わって入ったノイヴィルから、左サイドでボールを受けたシュバインシュタイガー。1点目と同じように中央へ切れ込んで放ったミドルシュートは、またもや右サイドネットまっしぐら。
0−3!もうドイツ祭りですよ。
祭りすぎてつい裸族になってしまったシュバインタイガーに上川さんたまらず黄紙進呈。

ポルトガルもCロナウドのミドルで点を狙うがこれが決まらない。。
後半33分 右サイドからフィーゴがクロスを入れ、ファーサイドに飛び込んだヌーノゴメスがダイビングヘッドを叩き込む!
1−3
これがポルトガルのラストチャンスとなり試合終了。

ドイツのシュバインタイガーは一人で2点を決め、1点をアシストし一人で黄紙もらって交代される。
横浜にもそんなお祭り男がいたっけなぁ。

開催国のドイツは見事に3位ゲット。
上川さんは控えめにこのドイツの3位を冷静なまなざしでみつめていた。
posted by よこきち at 06:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006 W杯・ドイツ大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
カテゴリ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。