2006年07月10日

決勝戦 「オリンピアの地を去るジズー」

イタリア 1−1 フランス
    (5PK3)
オリンピア

6月9日から開催されたW杯も今日で終わりを迎える。
今日で寝不足な日々もお別れ。

でも…やっぱサッカーは最高だ。

この日でジダンはサッカー界から去ることになる。
今日のために今日までの自分のために彼はこのオリンピアの地に立つ。
jidann.gif

でも…こんな最後でいいのかな。。
試合はイタリアボールでキックオフ。
開始早々カンナヴァーロにアンリが激突し脳震盪を起こし一時試合が中断。
前半7分 PA内でマルダがマテラッツィに後ろから倒されてPK判定。
このチャンスはキーパーの逆をついたループシュート(後に王子の得意シュートだと知ったわけですが)
バーに当たってわずかにゴールラインを割ってフランス ゴール!!!

先制されたイタリアはセットプレーを軸に反撃に出る

前半に結果が出る。右からのCKをピルロが中央に合わせる。ビエラに競り勝ったマテラッツィがヘディングシュートを放ち同点弾!

その後両者譲れないまま試合は延長戦へ。
後半5分に事件はおきた。

審判の見えない位置での出来事。
ジダンにマークについていたマテラッツィ。2人が口論し、背中を向けたジダンに対してマテラッツィが発した言葉。
イタリア語がわかれば読める口の動き。。

ジダンはマテラッツィの胸に頭突きをした

この行為はもちろんレッドカードとなり、ジダンはカップの横をすり抜けサッカー生活を終えることになる。

一人欠いたフランスも延長戦をしのぎ試合はPK戦へ。
イタリア        フランス
ピルロ    ○    ヴィルトール ○
マテラッツィ ○    トレゼゲ   ×
デロッシ   ○    アビダル   ○
デルピエロ  ○    サニョル   ○
グロッソ   ○

PK戦終了。5ー3でイタリアの勝利

トレゼゲのシュートはジダンのPKと同じくバーに当たったがこのボールはラインを割らなかった。

ジダンが何を言われたのか?なぜあんなに激昂してしまったのか、それは本人同士しかわからないけれど、16歳から始まった英雄ジダンのプロサッカー人生。
こんな最後でよかったのか?

晴れ晴れしく送り出してあげたかったなぁ。

posted by よこきち at 04:51| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006 W杯・ドイツ大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20549770
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
カテゴリ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。