2006年07月02日

準々決勝戦 2日目 「受け継がれるもの」

イングランド 0−0 ポルトガル
      (1 PK 3)
ゲルゼンキルヘン

試合は両者とも譲らず0−0のまま折りかえす。
右サイドのフィーゴからチャンスを作ろうとするポルトガルに対してイングランドはジェラード・ランパードからミドルを狙うも阻まれる。
後半
足を負傷したベッカムからレノンへ交代。
ペナルティエリア付近でボールをキープしたレノンが中央まで切り込み、ルーニーにパス。ルーニーがからっぶた後、Jコールがフォローしてシュートするがこれはふかし過ぎ。
更にルーニーに最悪な事態が。ゴール前にてCロナウドを引っ張って押し、カルバーリョの股を踏みつけて、一発レッドとなる。

FWを失ったイングランドはJコールからクラウチへと交代。
ポルトガルは最後のカード。フィーゴからポスティガへ。

延長戦に入り白熱する両者。
クラウチのヘッドは決まらない。Cロナウドの強烈ミドルも枠をとらえることが出来ない。

そしてPK戦へ。
ポルトガル シモン(○) ウーゴ ヴィアナ(×) ペティート(×) ポスティガ(○) Cロナウド(
イングランド ランパード(×) ハーグリーブス(○) ジェラード(×) キャラガー (×)

ポルトガルはバーやら枠外やらでシュートを外していたが、イングランドはGKリカルドが”神”モード発動。
代表復帰を果たしたフィーゴが見守る中、Cロナウドの右足が1回のタメをもった後、右上へとシュートし40年ぶりのベスト4入りとなった。。

代表メンバーが決まった時、ポルトガルのルイス・フェリペ・スコラーリ監督がフィーゴにキャプテンマークを渡した理由をこう述べた。
 「フィーゴはプレーするだけではなく、若いプレーヤーにどうすれば相手を恐れさせることができるか、どうすればうまくプレーできるかをピッチ上で伝えることができる。まさにポルトガルの大黒柱の1人だ」

この監督の期待にポルトガルメンバーは答えてくれた。


posted by よこきち at 04:18| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006 W杯・ドイツ大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月01日

準々決勝戦 1日目(2試合目) 「最果ての国」

イタリア 3−0 ウクライナ
ハンブルグ(FIFAワールドカップスタジアム)
得点者 イタリア:ザンブロッタ・トニ×2
    ウクライナ:なし

いきなりITAザンブロッタがドリブルで切れ込み左足でミドルシュート。ボールはUKRシェフコフスキーの指先をかすめてゴール左隅へ。イタリアが先制点!
前半はイタリアペースも追加点を決められず。

後半12分ウクライナにもチャンス到来。シェフチェンコからネスマチニーへパス。最後はグセフが至近距離からシュート!キーパーがはじいて、こぼれ球をカリニチェンコが再びシュート。これもザンブロッタが体を張ってクリア。ウクライナ…。。
そしてイタリア追加点キタワァ*・゚゚・*:.。..。.:*・゚(n`∀`)η゚・*:.。. !!!
トッティのCKはショートでグロッソへ。そしてトッティへと戻してクロスを上げる。そこへゴール前に飛び込んできたトニがヘッドで押し込み、追加点!

UKRグシンがヘディングシュートを放つが、ボールはクロスバー。。。

さらにイタリアは畳み掛ける。
左サイドでパスを受けたザンブロッタがペナルティエリア内にドリブルで持ち込んでゴール前にラストパス。抜け出したトニが流し込んで、イタリアに追加点。3ー0とイタリアリード。
もう…もういいだろう。。

ゴールやや左、30mほど距離でおそらくウクライナラストチャンス。シェフチェンコがFKを直接シュート。左に曲がって落ちる強烈なシュートだったが、ブッフォンにセーブされてゴールならず。。。

今回の見所
・頭をポストにぶつけてから中身が変わったブッフォン。
・松木の解説は早朝のやや壊れた脳には笑いのツボ。

そして…寝ますzzz




posted by よこきち at 04:54| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006 W杯・ドイツ大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

準々決勝戦 1日目(1試合目) 「誰がために笛は吹かれる」

ドイツ 1−1 アルゼンチン
   (4PK2)
ベルリン(オリンピアシュタディオン)
得点者 ドイツ:クローゼ
    アルゼンチン:アジャラ

昨年のコンフェデもこの組み合わせでドローだったっけ。
前半若干のドイツ優勢のなか試合は点が入らぬまま折り返す。
試合が動いたのは後半開始4分。
CKをリケルメがファーサイドへクロス。ファーサイドのアジャラが飛び込んでヘディングシュートで先制点。

ARGのGKアボンダンシエリがゴール前にてクローゼのひじを腰に受けて負傷フランコと交代する。(思えばここがターニングポイント)

返すドイツもバラックが左からボールを上げてボロウスキが頭で合わせ、クローゼが今大会5得点目を決める。

試合はこのまま延長戦へと突入。
ARGのテベスの豪快ミドルも炸裂するが、レーマンキャッチ。
GERのオドンコアのシュートもアボンダンシエリキャッチ。
延長戦の末にPK戦へ!

ドイツ    ヌビル(○) バラック(○) ポドルスキ(○) ボロウスキ(○)    
アルゼンチン クルス(○) アジャラ(×) ロドリゲス(○) カンビアッソ(×)

PK戦の前にカーンがレーマンを抱きしめ何かを必死に囁いていた姿が印象的。
皮肉にもPKをとめられたのは、先制点を決めたアジャラと我がサカつくの友カンビアッソ!レーマンが見事にアルゼンチンPKを見切っていた。

ドイツ準決勝進出決定!クローゼの得点はいつまで続くの?どこまでも?

ところで、試合の内容も良かったけど、主審のルボス・ミッシェル 氏のジャッジがすばらしかった。
円滑で控えめだけど、無駄な笛もなくて試合の流れがとてもスムーズ。
さすがは国際審判ぴかぴか(新しい)
Jリーグだとああいうジャッジは見れないよなぁ…。。
ちなみにルボス氏今回はリーグ戦2試合、決勝リーグではブラジルvsガーナ戦の笛を吹かれています。

ちなみにルボス氏はこちら
posted by よこきち at 03:57| 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 2006 W杯・ドイツ大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月28日

決勝リーグ 4日目 ニャホニャホタマクローは今日もガーナのサッカーを

ブラジル 3−0 ガーナ

ギャンがぎゃん行ってぎゃん打つけど。(ギャンがこう行ってこう打つけど)
カカからスルーパスで裏に出たロナウドが、GK・アモアーを振り切って先制点!
ガーナもドラマニのミドル。アモアー・アッピアー・ギャンとシュートの嵐もなかなかブラジルゴールを割れません。決定的だったのは前半終了間際、ガーナCKからムンタリが中央へ。そこに飛び込んできたメンサーがヘッドで打ち付けるもジーダの足が神業披露でクリア。
高い位置でDFラインを保つガーナ。カウンターからボールを持ったカカのスルーパスが右サイドのカフーへ。それを自分で持ち込んで中央にクロスを入れたところにアドリアーノが走り込んで、追加点…。。
後半もギャンがシュートを打ちますが丁寧じゃない。。
しかも黄紙2枚で退場。。
1人少なくなったガーナ。それでも高い位置でラインを整えてたガーナ。そこでジュニーニョが裏にパスを出し、抜け出したゼロベルトがエリアの外に飛び出したキーパーをかわし、無人のゴールへ3点目。

運動量と強烈なシュートが魅力的だったガーナはここで敗退。
ブラジルのってきたなぁ…。

ちなみにニャホ氏は前ガーナサッカー協会会長。
ニャホ=ニャホ・タマクロー氏について興味がある方は→こちらから
posted by よこきち at 02:39| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 2006 W杯・ドイツ大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月27日

決勝リーグ 3日目 イタリアvsオーストラリア 角刈りの王子様

イタリア 1−0 オーストラリア

イタリア王子トッティ(王子と言っても今年30歳ですが)を外してスタメンにデルピエロ!3トップで挑みます。
相手はヒディング率いるオーストラリア。
前半は両チームともノーゴールで折り返す。
後半5分 オーストラリアのブレッシアーノがゴール前に抜け出すところを、マテラッツィがスライディングタックルで倒してレッドカード。
エリア外からのFKとなる。これをブレッシアーノが右足で狙うがボールはゴール右に外れる。
30分にOUT 7デルピエロ→IN 10トッティ
どーも角刈りが王子から普通の人に見えて仕方ないんですが。
ロスタイムに入ってロングパスを受けたグロッソが左サイドからあがる。ペナルティエリアに入ったところで転んでた二ールにつまずいて転倒。

工エエェェ(´д`)ェェエエ工
PKですか?

これを角刈り王子トッティ様がゴール左隅に決めてホイッスル。
昨日までの熱戦がなんだか興ざめ。
さすがにウクライナとスイスは見れないかも。
posted by よこきち at 03:20| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 2006 W杯・ドイツ大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。