2006年06月26日

決勝トーナメント 2日目 ララァ怖くはないか?

イングランド 1−0 エクアドル

オーウェン怪我で貴重なFWを一人欠いたイングランド。ウォルコットもまだ本調子でないのに残りはルーニーとクラウチ。
2トップかと思ってたら、クラウチはベンチで温存計画。
強気なFWルーニーの1トップ。
エクアドルのCロナウドであるララが出るのか!気になる試合。

前半イングランドのクリアミス。Cテノリオ拾ってフリーで決定的なシュートを放つがAコールが体を入れてブロック。足にギリギリ当たってボールはバー直撃。
これ入ってたらエクアドルも勢いついただろうなぁ。
両方譲らぬまま前半終了。

後半キタキタ前半キックの精度がいまいちだったベッカムのFK!直接ゴール左に落ちるシュートで先制点!モラがやや遅ればせながら右手を伸ばしたが指に触れながらもボールはゴールに吸い込まる。

エクアドルEテノリオからララに変えて攻撃チャンスを探る!ララ出陣です!
個人技で突破を図るもイングランドゴールを割ることが出来ず試合終了。

24番目の選手である、FW故オティリノ・テノリオ選手もイングランド相手にこの試合内容は拍手を送ってると思うけどなぁ…(あくまでも推測だけど)

ルーニーやっぱり怖いです。いろんな意味で、はい。
posted by よこきち at 02:23| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006 W杯・ドイツ大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月25日

決勝トーナメント 1日目 今夜は眠らせないつもり?

ドイツ 2−0 スウェーデン
決勝トーナメント1回戦は開催国のドイツとスウェーデン。
前半ポドルスキの2ゴールで勝ったんだけど、やっぱクローゼでしょう!
クローゼのような突破と視野の広さ。イイ!利き足がヘッドじゃなくなってるヾ(o゚ω゚o)ノ゙
スウェーデンは前半にルチッチの退場という不運があったものの、後半PKというチャンスにラーションがまさかの空中開発。。
押せ押せのドイツにスウェーデンGKイサクソンが追加点を許さない!イブラヒモヴィッチのシュートも惜しかったなぁ。。

仮眠をとって第2試合。

アルゼンチン 2−1 メキシコ
も〜マルケス…。先制点入れたのに…。すぐにクレスポったらお返ししてくれるなんて。。両者譲らぬ展開に早朝だけど絶叫しますよ。
後半38分にメッシ登場!元気いっぱいですよ。試合は両者譲らず延長戦へ。
体力はほとんど残ってない後は集中力で1点を取りにいくしかない場面でソリンが左サイドから逆サイドへ。とここで待っていたマキシロドリゲスが左足でハーフボレーシュート!ボールはゴール左に吸い込まれて貴重な2点目!
メキシコもゴールを狙うが無常にもホイッスル。

激動の1回戦初日は興奮のまま2試合見てしまった。。
うわこれ毎晩続くのか…。昼夜逆転生活。あっ仕事( ̄◇ ̄;)
7月から忙しくなるのに…
posted by よこきち at 11:28| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006 W杯・ドイツ大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月23日

SAMURAI BLUE

日本 1−4 ブラジル
ドルトムント 21:00KO
得点者:日本:玉田
    ブラジル:ロナウド×2、ジュニーニョ 、ジウベルト

スタメンに稲っちと巻ちゃんが入ってたのは喜ばしいところ。
玉田のニアで上へのシュートは見事。
終わった試合だけど、俊輔は本調子じゃなかったんじゃないかな?

クロアチアとオーストラリアが引き分けてくれていい展開だったんだけど、ロスタイムにロナウドに同点にされたのが痛かった。

まぁ…これが日本の実力でしょう。
まずはお疲れ様ってことで。

ロナウジーニョも抑えたプレイだったなぁ。。
posted by よこきち at 06:11| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006 W杯・ドイツ大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月21日

トリニダード・トバゴ vs パラグアイ

カーザースラウテルン 18:00KO
パラグアイ 2−0 トリニダード・トバゴ

この試合に勝たないと決勝トーナメントに進めないトリニダード・トバゴは前半から攻撃をしかけるが決定打がなかった。
前半25分 PA内に入ったクロスボールにパラグアイのドスサントスが頭で流したボールにサンチョが頭でクリアしようとしたボールが皮肉にもTRIゴールへ。
サンチョはイングランド戦でも数々のボールをクリアし続けたセンターバック。試合後にピッチに仰向けになり両腕で顔を隠す仕草が忘れられない。。
同点に追いつきたいTRIでしたが怪我にてAジョン・グレンと2人も交代を余儀なくされる。
後半に入りウィットリーを下げラタピー投入したTRIはラタピーを起点として攻撃のチャンスを探る。引き気味のパラグアイに猛攻をしかけるが決定打が得られない。
71分にビルチャールのミドルがわずかにバーの上へ。。
そしてクエバスに追加点を決められゲーム終了。

トリニダード・トバゴのワールドカップは終わった。
グループリーグ4位とはなったもののソカの戦士達は格好良かった!
4年後は途中代表離脱してしまったシルビオとともに南アフリカ大会でまた会おう!。・゚・(ノ∀`)・゚・。

参考動画→http://sports.nifty.com/saposta/cs/schedule/details/2006062004/1.htm

エントリ公開遅くなりました(_ _;)
posted by よこきち at 07:35| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006 W杯・ドイツ大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ここから新事実が生まれることもある

そう火サスでおなじみの「崖」
ここでは残り30分弱の追い込み作業が行われる。崖っぷちに立たされることにより、形勢が逆転することもある。

現在日本は得失点差で4位。グループリーグを抜けるためには最低でもブラジルに2点差以上で勝たなければいけない。
この状況は日本だけでなく、トリニダード・トバゴも同じ(と言っても3位なわけですが)・゚・(つД`)・゚・

これから行われるパラグアイ戦に勝つのも絶対条件だけど、スウェーデンvsイングランド戦が引き分けもしくはスウェーデンが勝ってしまうとスウェーデンが2位通過となり決勝への道が閉ざされる。
イングランドの監督はスウェーデン人監督だけど!勝負は勝負だもんね。
それを言うんなら日本も同じ状況。ブラジル人監督でっせ〜。

日本の決戦は木曜日。
両チームとも崖っぷちに立たされてるけど、踵に力込めてしっかり踏ん張ってこの苦境を乗り越えて欲しいものです!

頑張れsoca warriors!

ってTRI戦見れない…。・゚・(ノД`)・゚・。ウエエェェン
posted by よこきち at 01:05| 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 2006 W杯・ドイツ大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。